拝啓 親愛なるV6、及びファンの皆様へ

まずはじめに

V6デビュー21周年おめでとうございます!(2日遅れ)

これからもたくさんたくさんファンを魅了してください!とりあえず現場ください!!!

 

そして今日11月3日は、(わたし的に)記念日です!

kj814517.hatenablog.com 

kj814517.hatenablog.com

1年前の今日、V6を応援しようと決意しました。

2007年から関ジャニ∞を応援してきて突然はまったV6。本当に突然のことで自分でも戸惑い、周りの掛け持ちしている子たちに話を聞いてもらいまくったのを覚えています。いまとなっては「そんなに悩まなくても(笑)」と思えるけど、あの時はどうしたらいいかわからなかったんだよね。

あれから1年経って見事に沼にはまり、もうわたしの頭は地上から見えません。全身沼にはまりきってます。

掛け持ち宣言した直後にエイトのドームツアーがあって、正直12月~1月くらいまではエイト中心だったような気がします。

完全にV6にはまったのはアニバコンのDVDを見たとき。一人で見るのが怖くて、鑑賞会で初めて本編を見たときに号泣したのを覚えています。V6の歴史なんてまだ全然わからない。V6とファンの絆なんて全然知らない。それでもあの会場の空気に歴史も絆も全部つまっているように思えて涙が止まらなかった。そこからはもう早くて、あれだけFC入るのを渋ってたのに鑑賞会の次の日には郵便局で払い込みを済ませ、いまでは過去のDVDをあさりまくる日々です。今年はもう会えないのかなとあきらめてたけれど、とても優しい方と御縁があってドリフェスにも参加でき、生V6を拝むこともできました。

そしてSNSを通して本当にたくさんのV6ファンの方と仲よくなることができました。ド新規でなにもわからないわたしなんかと仲よくしてくれてありがとう。今年会えた子もいて、本当にうれしかったです。今年会えなかった子は来年のV6ツアーで絶対会おうね?(来年ツアーがあると信じてる)

シングルは年1回リリースだし、グループのレギュラー番組ないし、ライブも1年に1回ないし、なかなかV6がそろう姿を見る機会がないことがとても残念だけれど、個々のお仕事を頑張っているあなたたちが好きです。だけどやっぱりわたしは、6人でにっこにこしてるあなたたちが1番好きです。大好きです。だから来年は現場をください。

 

拝啓、親愛なるV6、及びファンの皆様へ。

1年間ありがとうございました。大変お世話になりました。また1年、どうぞよろしくお願いします。

(ファンはすでに心の準備万端なので早く現場のお知らせください。お願いします。)

 

 

 

V6と関ジャニ∞のエピソードをまとめてみた

 

掛け持ちジャニヲタの夢といえば、掛け持ちしているグループ同士が絡むこと!

でもなかなか機会に恵まれないので、過去のテレビ、ラジオ等々でV6と関ジャニが絡んだものをひっぱり出してきてまとめてみました。完全に自己満足だし、これが全部ではないと思いますが今後V6と関ジャニ∞を掛け持ちするジャニヲタさんが少しでも喜んでいただけたらな!と思っております!!(結構な量なので興味がない方は見ないことをおすすめします)

 

 

 

2006.6.6 ズームインSUPER(坂本くん)

事務所の先輩は緊張するし、後輩はかっこよくてオーラがすごい人が多く、なかなか交流がない坂本くん。けれど「関ジャニ∞だけは話せるんですよね~。あいつら話やすいでしょ」と発言

 

 

2007.6.21 レコメン(横山村上) 全部レポすると凄い文字数になるので省略してます

 

カウコンの時にぼそっと坂本くん「ラジオだしてくれよ」とお願いしたことから出演が決定。しかし大阪で舞台中のため電話出演の坂本さん。

坂本「どうもー坂本です」

村上「これ、もう以前坂本くん言っていただいたの覚えてます?」

坂本「覚えてるよ~」

村上「カウントダウンの時」

坂本「そ~」

横山「あの、みんなが歩いてる中ぼそっと坂本くんがおっしゃったんですよ。ラジオ出してくれよみたいなことを。」

坂本「覚えてた?」

村上「そりゃあもう、僕らはもちろん覚えてましたよ。」

横山「だから僕らがちょっとお願いして。どうしても坂本くんとラジオがしたいと」

坂本「ほんとかよ(笑)」

「ほんまですよ!!」

坂本「まじで(笑)」

横山「しっかも僕らもーものすっごいね~、坂本くんにありがたい、あのありがとうございますってこと言いたいんですけど」

坂本「(笑)うん。」

横山「あのTVで僕らのことおっしゃっていただきましたよね?」

坂本「え~。はいはいはい。言った。」

横山「ズームインかなにかで」

坂本「なんだろう?関ジャニ∞ってすごくリラックスできるんだよね」

横山「いや、すごくうれしいですよ(笑)」

村上「我々はすごくうれしいです。ほんまに」

坂本「うん。今まであった後輩っていうのはすごくなんか・・オーラがすごくて」

横山「それ僕らオーラない言うことじゃないですか!(笑)」

坂本「いやいや。いやあの、すごい優しいオーラなんだよ(笑)」

横山「いやも~ほんまどこでもおる・・・でもかっこいい、シュっとしたやつらもいるんですよ?僕と村上くんばっかりじゃないですからね。」

村上「錦戸とかね」

坂本「みんな、ま~ね~、すばるとも前お仕事したけど」

村上「ミュージカルでお世話になりまして。」

坂本「うん。すごいシュっとしてるのかなと思ったら全然シュっとしてなかったから。」

横山「でもすばるもものすごい坂本くんすっごいいい人って、すっごい僕ら言われてたんですよ。」

 

2008.10.18 大倉ソロコンMC

前日のライブに三宅くんが見にきていたという話。

「なんか不思議な気分でしたよ~。僕がこの世界に入ったきっかけはV6さんを見て憧れたからなのに、そんな僕がステージに立って(健くんに)見られてるなんて~。」

その話の流れから東山さんの舞台を見に言った話に。

「東山さんの舞台を見に行って、最初にあいさつしてから先に客席に座ってたんですけど、隣がだれとか全然聞かされなくて、知らなかったから・・・そしたら隣に剛くんが来て!もうびっくりしてドキドキして舞台どころじゃな・・・あ、いや、ちゃんと観ましたよ?(笑)だって隣に剛くんと、あと須賀健太くんもいるねんで~喰いタントリオが(笑)」

舞台が終わって挨拶にいくと、東山さんから「剛と健太とメシ行くからお前も来い」と誘われた大倉くん。

「剛くんいて、緊張するから断ろうと思っててんけど東山さんが『空いてるだろ。マネジャーに確認したから』って。強制連行されました(笑)ハンバーグ食べに行ったんですけど、もう僕緊張して仕方ないんでずーっとビール飲んでたんですよ。しゃべらなくていいようにずーっと(笑)東山さんに『お前らなんかしゃべれよ』とか言われて、須賀くんにも『しゃべんなよ~』とか言われ(笑)、須賀くんが剛くんに『どこに買い物とか行くんですか?とか聞けば』って言って、剛くんに聞かれたんで『あ、原宿とか行かせてもらってます』って言ったら『へぇ~』で終わって。須賀くんが『それじゃあ終わっちゃうじゃん!』とかって(笑)僕も緊張してるし、剛くんもすごいシャイやから・・・。剛くんがトイレ行ったときに東山さんに『ほんま、もうやめてくださいよ~。この事務所入ったきっかけ剛くんなんで、あこがれの人なんでほんましゃべれないんですよ~』って言ったら剛くんが戻ってきた途端に『お前ら番号交換しろ!』って!(笑)なんか不思議な感じでしたね~。携帯に剛くんの番号入ってんねんで(笑)」

次の日の大倉くんのライブに剛くんが見に来てたみたいで・・・レポ探るんだけど、どこにもない!!!!

 

2011.6.16 レコメン(横山村上)

横山「なんか岡田くんておちつくわーなんか落ち着くねんなあ、関西やし。」

 

2011.6.24 レコメン(横山村上)

天地明察で共演した岡田くん横山くん

メール「空き時間にV6の岡田くんとしゃべっていると言っていましたが、先輩とどのような話をしているのですか?」

横山「普通の話やで。・・でも岡田くんは言ってたよ。」

村上「なんて?」

横山「おれは関ジャニ∞を応援してるって。」

村上「おお!そう!」

横山「おれはそれ『絶対嵐とかにも言うでしょう?』って言ったんだけど。」

村上「うんうん。」

横山「だから『おれ言いますよ、岡田くんが関ジャニを応援してるって言ってたって言いますよ。』って言ったんですけどね。」

村上「いや、これはありがたいじゃないですか。嬉しいですね。」

横山「でも、『岡田くんもそれ言うてくださいね。』って言ったら『絶対言わん』って言ってたけど。」

村上「それは言うたらアカンってことちゃうの?」

横山「いや、俺は聞いた。」

村上「じゃ、嘘はついてないな。」

横山「嘘はついてない。いや、知らんで。岡田くんが嘘ついてるかもしれんし。」

村上「でももしお時間合えば、映画の話もね、岡田くんにゲストで来ていただいて。」

横山「いや、来てくれへんのちゃう?」

村上「お忙しいと思いますが」

横山「来えへんと思う、あの人は。」

村上「いや来てもらいましょうよ。せっかくだからね。」

横山「いや、来えへんって。」

村上「いや、言うだけ言うてみてさ」

横山「いや、俺全然言えるよ!俺、だって岡田くんとタメやもん。今。一瞬。」

村上「どういうことですか?」

横山「岡田くん30やもん。おれも30やし。」

村上「お~お~」

横山「まだ岡田くん、誕生日結構先やし。」

村上「ああ、そうなん?」

横山「だから、むっちゃ先輩やねんけど。そういうイメージなんやけど。世間的には。」

村上「年はね」

横山「で、年はっていうけど、入った年もそんなに変わらへん。2年とかやで。」

村上「あ、そうか。」

横山「そういう話はするわ。いつ(事務所に)入った?とか」

村上「あ~なるほどな。」

横山「昔さ、カミセンさんがさ、ハワイに行ったときに一緒になにか・・・」

村上「おお~!お~!ホテルの部屋で?っていうかゲームの奴・・・」

横山「そう、ゲームの。その話したんよ。」

村上「覚えてないやろ。」

横山「いや、覚えてなかった!」

村上「そうやろ。」

横山「『俺めっちゃ覚えてるんですけど』って。全然覚えてなかった、あの人」

村上「あ~やったやった。」

横山「やったやろ?」

村上「すばるもおった。」

横山「おったおった。すばると僕と村上と。で、剛くん、健くん、岡田くんでチームで」

村上サバイバルゲームな!」

横山サバイバルゲームやったんですけど。それもなんや、15~16年くらい前で」

村上「それくらいやわ。」

横山「『やったんですよ。』って言ったけど、全然覚えてはらんかったけど。」

村上「そうやろうな~」

 

2012.6.30 レコメン(横山村上)

メール「先日トニセンのラジオで『ジャニーズ愛仕分け』の話がでて、V6の歌歌えててうれしかったと言っていました」

横山「うれしいですねぇ、岡田くんも見てくれてるって言うてた!」  

 

2011.10.20 レコメン(横山村上)

横山「(剛くんはしゃべらないから)剛くんええんちゃいます?俺が剛くんやったらここに来るのは嫌やわー!よし!オファーしよう!これは!呼ぼう!V6さんが曲出すときに!」

 

2012.1.5 レコメン(横山村上)

横山「たとえば森田剛くんとか、(レコメンに)来てない先輩きて欲しい!」

村上「岡田くんとか!映画一緒やし!」

横山「言ったら来てくれるんちゃう?ええやん!岡田くん、剛くん!」

 

2012.8.16 レコメン(横山村上)

メール「V6岡田くんがオリスタで横山くんのことをいい奴と言っていました」

村上「いろいろ話したんすか」

横山「岡田くんも言ってくれるんですよ関ジャニいいよなーって!元は関西の人やんか、それに大先輩な感じするけど歳いっこしかかわらんねんもん!」

 

2012.8.30 レコメン(横山村上)

メール「天地明察の完成披露試写会行きました。噛んで岡田くんに笑われてましたね。」

横山「岡田くんがずっと一発ギャグしろ一発ギャグしろゆうて」

村上「挨拶中に?」

横山「いやだからなんかしろってずっと言ってて、絶対スベるでしょ絶対やりませんって。これでもし、ふってきたらふりかえしますよって。先輩からやってもらわないとって言いますから。そいじゃ、岡田くんがエイトレンジャー!ってやるよ。絶対スベりますよそれって。じゃあお前どうすんの言われたから、じゃあ僕少年オカダやりますゆうて。」

村上「エライとこひっぱりだしてきたな(笑)」

横山「結論、お互い得せえへんからやめよって」

村上「そらそや。そんな駆け引きあったんや。」

横山「たぶん岡田くんにやにやしとった。」

 

2012.6.23 トニセンラジオ

井ノ原「ここで一曲、行きたいと思います。僕この曲も好きなんですよ!最近あの関ジャニのパパドルってよく見るんです。」

長野「あ、はいはいはい。錦戸のね。」

井ノ原「錦戸くんのね。でそれで流れてるのがあるんですけど。ちょっとここで聞いてみたいと思います。」

 

2012.6.28 レコメン(横山村上)

メール「V6のラジオを聞いていたら、愛でした。が流れていのっちがこの曲好きなんだよね~と言ってくれていました」

横山「ありがたい!」

村上「これはうれしいですね!いい先輩に恵まれていますよ!」

 

2012.9.22 トニセンラジオ

井ノ原「最近は関ジャニの横山が小説にハマってるから、読んだらそのまま横山に流せばいいんだと思って。こないだ紹介したら、『ほかのメンバーにも見せたらみんなはまってきて』って。なんとなくそのテイストのやつはそっち側に流すようにしてる。ただねぇ、メールアドレス変わっちゃったみたいで、感想とかも全然来ないんですよね。会ったときに『あれおもしろかったすよ~』って言われるくらいでアドレスとかそういうものでね、感想が来ないんだよね。」

 

2012.9.27 レコメン(横山村上)

メール「トニセンのラジオで横山くんのことを言っていました。井ノ原くんがおすすめの本を渡していて直接感想は言ってくれるけどメールで聞こうとしてもアドレスが変わっていて聞けなかったと。」

横山「すいません!先輩、すいません!」

村上「お教えしなかった。」

横山「お教えしてないすね。ていうか僕ね、正直井ノ原くんの電話番号がわかんないんですよ。電話が壊れたんですよ。この前CMの時出会ってるんですけど、電話データ消えたんですよってわざわざ言うの嘘くさいから・・・失敗したなこれ。失敗したどうしよ。次会った時気まずいな。」

村上「僕言うときましょうか」

横山「後から教えてもらえますか。」

村上「手痛いミスしでかしますね(笑)優しい先輩じゃないですか、メールも送ってくれてんで井ノ原くん(笑)送れませんでしたってでて(笑)」

横山「これわざわざ先輩から毎回本もらって、アドレス変わってて。最低な後輩やん。」

村上「これは早々に謝罪しましょうよ。」

横山「すいません。」

 

2013.11.25 三宅健のラヂオ

忘れ物がひどいというリスナーさんからのメール。

「やばいじゃんこの子!関ジャニ∞横山裕ばりにやばいね!(笑)たまたま見たTV情報なんだけど、さんまさんのほんまでっかTV関ジャニの子たちが出てて、見てたら横山が忘れ物がひどいんだって。免許証も5回か6回くらい無くしてて、あいつほんとひどいんだって。洋服屋さんに買い物しに行ったけど、お金がなくてATMにおろしにいって、洋服屋さんに戻ったら、おろしたお金をATMに忘れたんだって(笑)あとは、ご飯食べててお会計をカードでする直前にだれかとメールしてたら署名するところに『また一緒に行こうな』って書いちゃったんだって(笑)あとはリップクリームをコンビニで買って出口出たとたんに買ったこと忘れて、リップクリームの入った袋をそのままごみ箱に捨てて『あれ、リップクリームどこ行ったんや!』みたいな話とかひどいでしょ(笑)鶏なんだと思うよ、あの子。僕もどちらかというと忘れ物ひどいんですよ。ひどいから、彼女の相談に乗ってあげるのも心苦しいんだけど、上には上がいるんだなと。免許証6回もなくしてるんだって。」

 

2014.1.1 JUKEBOX 福岡公演

紅白でのお年玉せびりの話

横山「本番裏でスタンバイしてるときに岡田くん見つけたんですよ。審査員で来はったじゃないですか岡田くん。岡田くんおるわと思って、ばーっと歩いて行って」

村上「それあんたひどかったで!(笑)」

横山「岡田くんあの~相談なんですけど、僕は岡田くんのこと先輩やと思ってます。お年玉もらったらもっと先輩やと思うと思うんですよ。このままやとなんか僕タメ口ききそうですわ~言うて(笑)」

村上「輩やんけ(笑)」

横山「お年玉もらっていいですかね?って言うて(笑)それじゃ『なんでお前らにあげなきゃいけねーんだよ』ってずっと言われて。TOKIOさんにはもらったんですよ、もう。って。いいんすか?僕はいいんですよ?僕は先輩と思っていたいから岡田くんに今チャンスを与えてるんですよ!って(笑)それでも岡田くん、『なに言ってんだよ!』って言うてたから、これやばい負けると思ったから横にすばるおったから『すばる~』て呼んで。」

村上「援護?」

横山「援護。援護射撃。『岡田くんそうなんすよ~』って(笑)」

丸山「すぐ撃った!(笑)」

村上「えらい援軍きたなあ(笑)」

横山「僕らはいいんすけどねぇつって(笑)『もういいよ考えとくよ』つったら、後でマネージャーさんに渡しておいてくれって。こっそり。」

丸山「かっこええなあ。」

横山「いやや言いつつ、渡してくれた。」

大倉「あんだけせびられたら、そりゃ渡さなあかんくなるって(笑)」

 

2015.10.31 V6ライブMC

井ノ原「昨日もたくさん来てくれましたけど、今日も僕たちの後輩が来てくれてます。関ジャニの村上くんと丸山くんが。あとsexyzoneの佐藤くんも来てくれてるんだよね!」

スクリーンに抜かれたときに丸山くん不在。

長野「あれ?丸山は?」

井ノ原「村上~!」

三宅「MCは別にいいやみたいな?」

突然音楽が流れて、ドラゴンボールベジータのコスプレをした丸山くんが登場。

丸山「今日はここでV6の20年ライブが行われてるらしいな!ちょっと見てみるか!ベジータ様だ!」

井ノ原「丸山、なにやってるんだよ(笑)」

丸山「私は丸山ではない!下級戦士ベジータ様だ!」

井ノ原「生放送出てたでしょ(笑)」

丸山「生放送?なんのことだ?そっちに行っていいか?とぅ!!」

井ノ原「いやいや(笑)」

丸山「今日はハロウィンということでさらに盛り上がっているらしいな!」

井ノ原「丸山どうしたんだよ!」

丸山「丸山?だれのことだ?」

三宅「普通にしゃべれよ(笑)」

井ノ原「そうだよ、普通にしゃべってよ!(笑)」

丸山「この格好だと普通にしゃべれないんだ。」

井ノ原「どうすんだよ(笑)」

丸山「ぐるっと回れば元に戻る。」

井ノ原「じゃあ回って!せーの!」

丸山「(左回転する)あざっす!」

井ノ原「じゃあさ、今度は反対向きに回ってみてよ!」

丸山「(右回転する)貴様ら・・・!」

井ノ原「どうしちゃったんだよ丸山(笑)」

三宅「浮かれすぎなんじゃないの?ハロウィンで(笑)」

丸山「そりゃあ浮かれてしまうだろう!V6というアイドルが20周年なんだからな!」

井ノ原「立ち姿がいいよね!」

坂本関ジャニっていつもこんなことしてんの?(笑)」

井ノ原「村上がもう顔真っ赤だもん(笑)丸山が関西弁じゃないのって面白いよね!なあ丸山!」

丸山「・・・・丸山って誰だ!」

井ノ原「回って回って!」

丸山「(回転して)そうなんすよねー!!」

坂本「こっちこれるの?」

井ノ原「あ、そうなの?こっち来てくれるの?」

丸山「あ、いいんですか?」

井ノ原「これる?」

丸山「地球には重力があるからな!」

村上「すいません、おじゃまします!」

村上「すいません、なんかこんな記念の日に!」

井ノ原「ほんとだよ!どうすんだよ!でも今日はハロウィンだから盛り上げるためにやってきてくれたんでしょ?どこで買ったの?(笑)」

丸山「地球の激安殿堂店だ!」

村上「ほんとはフリーザがよかったみたいです!(笑)でも激安殿堂では売り切れだったみたいで!」

井ノ原「しょうがないよね(笑)この時期ね!(笑)」

丸山ベジータ様に悪気なし!」

井ノ原「大丈夫わかるわかる(笑)」

丸山「(素)おはようございまーす」

井ノ原「ブーツの完成度低すぎんだよ(笑)エライな、そうやって先輩のコンサート盛り上げようとしてくれて」

丸山「少しでも盛り上がってくれればな~って」

井ノ原「村上なんて普通だからね!」

村上「まさか上げていただけるなんて夢にも思ってなかったです!髪ボッサボサで・・」

井ノ原「そんなことないよって言ってあげたいけど、ほんとだよ(笑)」

村上WOWOWさん・・・」

井ノ原「明日ね~」

村上「!?」

井ノ原「まさかそれ目当て!?」

村上「そんなわけないじゃないですか!先輩のステージで!」

長野「明日も来ればいいじゃん!」

村上「まじか~明日か!それやったらちゃんと仕上げてきますよ!」

井ノ原「ヒゲをそれよ!」

村上「僕ちょこちょこっと向こうで話すだけなんかなー?って思ってたんす!」

井ノ原「まさかこっちくるとは知らなかった?」

村上「まさかライト浴びるなんて!いやーでもあれですね、20年経ってもマイク落とすんですね」(HONEYBEATでスタンドマイクを倒した井ノ原くん)

井ノ原「あれひやっとしたよね!みんな集まってきたでしょ?あれ演出だから!」

村上「?」

井ノ原「マイク落としてみんな集まってきたでしょ?そうなったらそれも含めて演出なのよ!演出だよ」

村上「演出(笑)」

井ノ原「見るところが細かい!」

村上「先輩の記念すべきステージですから!20周年なんでちゃんと見逃さないようにしないとと思って。でもすいません、僕まだアルバム買ってないんですよ」

井ノ原「それは困るなあ・・・」

村上「この会場で・・・・?」

岡田「でもな、安心してください、売ってます!」

岡田くんと佐藤くんが一緒に売ってます!とした流れで

村上「あの、すいませんよかったらうちの丸山も・・・」

井ノ原「・・・・丸山ひとりでやれよ」

丸山「いいんですか、単独行動」

井ノ原「丸山、CD買った?」

丸山「買ってないです。・・・いやでもどうやらこの会場で売ってるぞ(ベジータ)」

井ノ原ベジータできちゃったのね(笑)せっかくなんで、なんか宣伝することある?」

村上「そんな先輩のコン・・・アルバムがでます!11月11日に!」

井ノ原ポッキーの日ね!」

村上「あの僕らハイチュウやらせてもらってるんでそれはちょっと・・」

井ノ原「なんかすいません(笑)」

丸山「3パターンあるんですよ!」

村上「僕らやっと10枚目なんですよ!」

井ノ原「そうなんだー!何周年だっけ?」

村上「僕ら11年目です!ほんっとすいません、拍手ありがとうございます!」

村上「僕初めて見たコンサートがオーディションの時のV6のコンサートだったんですよ!」

井ノ原「オーディションで見たの!?出てたやつ?」

村上「出てはないです!コンサートの後に審査員として来てくださったのがカミセンの3人さんですよ。そのオーディションで僕と横山が」

井ノ原「引っかかっちゃったんだ!」

村上「引っかかっちゃいました!」

岡田「剛くんに聞いてみな?」

村上「その時のこと覚えてますか?」

森田「めちゃくちゃ、めちゃくちゃ覚えてる。大阪ですよね?」

村上大阪城ホールです!リハーサル室あるじゃないですか?わかります?」

森田「5・6人いたよね?」

村上「あー確かに5・6人いましたね!」

森田「合ってる?」

村上「合ってます合ってます!」

村上「受かったの2人くらいですから、そこそこ僕らに光るものがあったんちゃいますかねぇ?その時の印象を・・・覚えてたら・・・」

井ノ原「覚えてるんでしょ?俺その場にいなかったからさ」

坂本「カミセンしかいなかったの?」

村上「そうですね!」

森田「確か終演後?『ちょっと3人さん来なさい』って。怒られるのかなー?って思って。」

村上「なにやったんすか!(笑)」

森田「そしたら子供たちがいっぱいいて・・・(村上)いたっけ?呼ばれていったら審査員長みたいな人が挨拶してて。」

村上「そうですそうです」

森田「あの時いたんだね」

村上「そうです!2・300人いましたからね!」

森田「いたね、たくさんいた」

井ノ原「さっき5・6人っていったよ!?」

村上「その人たちが2・300人から選んだんです!」

井ノ原「びっくりしたー!」

長野「二桁違うから驚いたよね(笑)」

井ノ原「でもこうやって同じステージに立てるっておもしろいよね!」

村上「一人ベジータになってしまいましたけど(笑)」

井ノ原「どう間違えたらそうなっちゃったんだろうね?」

丸山関ジャニがそうさせたんです!(笑)」

井ノ原「丸山はトニセンのツアーずっとついてたからね!」

村上「そうなんですよ!だからさっきも『うわ懐かしい!』言うとりましたもん」

井ノ原「丸山と安田はずっとついてたもんね」

丸山「カラオケコーナーとか」

井ノ原「そうそうやったね!この子残ってくれるといいなーって思ってましたけど。」

丸山「安心してください、のこりました!」

 

井ノ原「剛と関ジャニが絡むイメージないよね。」

森田「去年スタッフさん主催の忘年会で丸山に会って。すげーーーいいやつだった。なんであんなこと(コスプレ)するんだろう・・・」

井ノ原「誰からも頼まれてないのにやってくれましたからね!」

 

2016.2.4 レコメン(村上丸山)

メール「V6岡田くんと仲よくなったらやってみたいことは?」

丸山「登山!登山かなあ。今度岡田くんエベレスト」

村上「エッベレスト!」

丸山「公開なるじゃないですか。一度岡田さんからメールをいただきまして、フリークライミング行かないかいって誘ってくださって。岡田くん僕と山登りたいのかな?って」

村上「行ったの?」

丸山「時間あわなくて・・・」

村上「まるからお誘いしたらええやん!」

丸山「あの人と登山言ったらガチになりそう・・・登山・・格闘技とかも・・・」

村上「だから僕あの人とは何もしないですもん!いろいろ勧められたけど全部断ったもん!雑談してるときに・・・なにやってるの?って聞かれたから、サッカーとかですかね・・・って言って、そしたらあれもやってる、これもやってるって・・・何が面白いんですかそれ!?言うて・・・そうなんですね!がんばってください!言うて・・・それ以来そういう話、してこないもん!」

丸山「めずらしいですね、岡田くんがそんな話するの・・・僕は自分から聞きに行ったんですよ。」

 

2016. サタデープラス

ジャニーズの中で一緒に登山するならだれがいい?という質問から。

岡田「錦戸かな。」

丸山「あれ!?なんでですか?」

岡田「顔がいいよね」

丸山「登山関係ないです!(笑)」

逆に一緒に登山したくないのは?という質問に。

岡田「うーん、横山かな。」

丸山「(笑)なんでなんですか?」

岡田「結構厳しそうじゃない?横山って」

丸山「あの、細かいです。」

岡田「細かいよね?山行こうよっていったらいろいろ気を使わないといけないでしょ?」

 

2016.3.23 イフオア

村上「今日なんと目の細い先輩(井ノ原くん)から差し入れもらいまして!前に話す機会があったときに舞台来てくださいって言ったら、結局これなかったからって今日、高そうなお弁当を差し入れしてくださいました!すごいですよね、後輩にまで気をつかってくださって!後でパソコンで値段調べます!」

 

2016.5.23 月曜から夜更かし(村上)

観覧にきていたお客さんにだれが好きなの?と尋ねると

観覧「岡田くん」

村上「岡田くん、あんま変わらへんよな、だから。岡田くん枚方やからな。俺高槻やから、もう橋渡ったら隣の町やからな。」

マツコ「あの淀川がねぇ、大きく磁場を狂わせてる」

 

雑誌

岡田「錦戸君は単純に顔が好き(笑)といっても僕はゲイじゃないですから。前に偶然道ですれ違ったことがあるんですけど、わざわざ戻ってあいさつをしに来てくれて。素直でいい子だし、俳優さんとしても魅力的だと思います。とはいえ、何より彼の顔が好き(笑)」

岡田「好みの顔は錦戸亮くん。」

 

 

あ~楽しかった!もしも他にいいエピソードがあったらぜひ教えてください~!個人的には剛くんが大倉くんのライブを見に行ったときのレポが見たい・・・

V6とエイトの絡みが見たくなると、健くんがにこ健で元気が出るライブの感想を書いてくれたやつと、24時間テレビの番宣で月曜から夜更かしに健くんが来てくれた回を見るようにしています。(岡田くん、海賊と呼ばれた男の宣伝で夜更かし出てくれないかな・・・ちょくちょく岡田くんの名前出てるよ?)(あとクロニクルと関ジャムにブイさんが出てくれたらもうなにもいりません)

 

 

 

社会人4年目掛け持ちジャニヲタの応援スタンスについて

とっても久しぶりなブログ更新!年度末年度初めが仕事柄、1番忙しい時期。勝手に年度末年度初めの仕事をきちんとやったら、1年分の給料もらっていいと思ってる。(絶対にそんなことない)今年は転勤も重なって、今までで1番忙しかった~5月になって、ようやく仕事が落ち着いてヲタク活動ができるようになってので、ようやくブログを更新できる!

掛け持ちを始めたからか、最近自分の応援スタンスについて思うことが多くて、そんな中こんな素敵なブログを見つけたので相も変わらず便乗。

 

cori0922kw.hatenablog.jp

 

担当:岡田准一(V6)、横山裕(関ジャニ∞)

 

▼ 雑誌を買う基準

基本的には買わない。全く買わない。エイトだけの時はチェックすらしないことが多かった。今はこまめに本屋に行ってチェックするけど、買うことはほぼない。理由は単に金欠っていうのと、整理が大変だから。写真集とかはまた別だけど。

▼ CDを買う基準

基本的には1形態のみ。特典が大好きなので買うとしたら初回限定。(でも正直あんまりシングルの特典って見ない)エイトは最近シングルは買ってない。アルバムは必ず買う。掛け持ちすると決めたときにCD・DVDは1形態のみと決めたので、がんばってそこは守りたい。

▼ 映像作品を買う基準

買う。とりあえず買う。でも1形態のみ。(V6の20周年ライブは初回AB両方買った。ごめんなさい。)メイキングが好きなので、初回ABのメイキングがおもしろいだろうなと思ったほうを購入。自担のドラマDVDや映画のDVDは買わないかな。でも死ぬほどはまったものなら別。(※図書館戦争)

▼ 現場に行く基準

ライブは絶対1公演は行きたい。できるなら複数公演行きたい。複数入れるように努力する。ライブに行くために1年仕事がんばっているようなものなので、ここは結構がんばる。でも自担、自Gの個人の仕事は比較的我慢できる。ジャニヲタ失格と言われるかもしれないけど、エイトは2007年から応援してて1度も個人の仕事(ライブや舞台)にはいったことがない。V6は好きになってそんな日が経ってないけど、個人の仕事には行ってない。(1番最初のV6の現場は6人揃ってる現場に行きたいと思ってるのも理由のひとつ)住んでるところが遠いから、ライブや舞台、どこに行くにしても遠征になる。自分の「好き」のスタンスとしては、自Gが好きってことが大前提で自担がいるので自Gにいる自担が一番好き。おのずと個人活動の現場は優先順位が下がってしまう。結構そこらへん冷めてるんだよな~自分。

▼ 遠征する基準

休みは申請すれば基本的に取れるので、日程はあんまり気にしない。ドームツアーだともれなく遠征となるので、軽率に遠征決定。一人で行動するのも好きなので軽率に遠征決定。交通機関の利便性から考えていくのはもっぱら東京、名古屋、大阪、福岡。

▼ グッズを買う基準

うちわ、ペンライト、パンフレットは買う。他は気に入ったかどうか。ポスターやクリアファイルは使わないので買わない。グッズ列に並んだ途端冷静になってしまうので、予想外の購入はまずない。

▼ ジャニショで写真を買う基準

まずジャニショがない。(大前提)遠征に行った先でジャニショに行く時間があれば寄るけれどそんなに順位は高くない。

 

こうやってあげてみると、冷めてるなと実感。こんな感じでゆる~~~くヲタクやってます。

 

雑誌などは全く買わないくせに、買わない自分に腹が立つ。でも買わない。これの無限ループ。

個人の現場に行かないくせに、行かない自分に腹が立つ。でも行かない。これの無限ループ。

めんどくさいヲタクだな!!!!!

関ジャニ∞の元気がでるライブにいくら使ったか計算してみた

今回のツアー「関ジャニ∞の元気がでるライブ!!」にかかった費用を計算してみた。ヲタ卒できる1番の方法は1年間に使ったお金の計算をすることだと聞いたことがあるけど、ヲタ卒したいわけではない。掛け持ちするにあたって一番不安なのが金銭面。来年からは一人暮らしもはじめようと思っているので住んでいるところから各都市への遠征にどれくらいかかったのか記録して来年のツアーの参考にしたい。

 

今回のツアーで遠征したのは東京・名古屋・福岡。どこに行くにしても遠征になってしまうのがつらいところ。(ちなみに本州の一番西の端っこの県に住んでます。)

 〈 東京 〉2泊3日

チケット代:16550円(チケット代2枚分+振込み手数料350円)

グッズ代:7600円(パンフ、うちわ、フォトセ横山集合、ペンラ、写真飾り)

交通費:33580円(飛行機28580円JR5000円チャージ)

宿泊費:0円(知り合いの家に泊めさせてもらったのでなし)

食事代:10201円

お土産代:13911

その他:8791円(ジャニショ2240円、ピアス324円、双眼鏡・レターセット5227円、コインロッカー1000円)

          合計 90633円

 

〈 名古屋 〉日帰り

チケット代:8400円

グッズ代:800円(フォトセ集合)プレゼント用

交通費:29100円(新幹線代のみ)

食事代:3999円

お土産代:3391円

駐車場代:2000円   合計 47690円

 

〈 福岡 〉日帰り

チケット代:16900円(チケット代2枚分+振込み手数料700円)

交通費:8420円(新幹線5830円高速バス2360円バス230円)

食事代:4811円

お土産代:4286円     合計 17517円

 全合計 155840円

 

やっっっっっばい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!ドン引き!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!15万って!!!!やばい!やばすぎ!!!!!東京だけで10万近いんだもんな~~~だいたいお土産代がかかりすぎだし、食事代もはんぱじゃない。もし、福岡のみにして1泊2日にしたら5万5千くらい?エイトが夏も冬もあって、兄さんたちもライブがあるとしたら、まじで考えないといけないな。わ~どうしよう~~~~みんなどうやって遠征中節約してるの?福岡は弟と入ってるからチケ代も出してるし、ご飯代も基本出してあげてるから来年からはやめよう。甘やかさない!!!!!!

でもツアーが決まったらテンション上がって、遠征決めちゃうんだろうからその時はこの記事見ていったん冷静になろう。みんなお金持ちだなあ~~~自分はリサイタル行ってないから2015年の現場はこれだけだけど、リサイタルも行ってツアーにも行ってる子はすごい!!!節約してお金ためなきゃな~~~~~~

 

新年早々ブルーになりながら、このブログ書いてますよ・・・・しんどい・・・・・・もし遠征に関する節約方法あったら教えてほしい!!!!(しんどいから夜行はイヤだったけど、それも考えていこう)

f:id:kj814517:20160104114354j:image

2016年目標

あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いいたします。

そして残念ながら、私的元気が出るライブが終了してしまいました。今回は贅沢なことに東京名古屋福岡計4公演参加することができ、とっても幸せな年末年始でした。

去年はV6と関ジャニ∞の掛け持ちを決めるなど自分のジャニヲタ人生の中で大きな決断をした1年だったので、今年はどんなヲタ活が出来るのか楽しみなところです。

ということで、2016年の目標を挙げて、達成できるようにみなさんに証人になっていただこうと思います。

・節約

 ジャニヲタの基本。年度がかわるころに一人暮らしを再開しようと思っているので、去年以上の節約が必要になる。今回のツアーでこのために頑張って働いているんだなと実感したので、今年もできるだけ現場に多く行けるように節約。節約。節約。

・ダイエット

 ありがたいことに ツアーでたくさんのお友達と会う機会があったのだが、会う人会う人可愛すぎてビビった。なんなのあのかわいさ。隣に移ってるデブス(自分)がやばすぎて写真が見れない。ということでブスはなおせないけどデブはなおせるからやせる。がんばる。次の現場で会った時にやせてなかったら、相変わらずデブだな!!と言ってやってください。

SMAPのライブに行きたい

 スマヲタな母の影響で小さいころからSMAPが好きだったが、なかなかライブに連れて行ってくれなかったのだが最近なぜか連れて行ってくれそうな雰囲気。いまのジャニーズグループの形をつくったといっても過言ではないSMAPのライブに行ってみたい!そして中居くんに会いたい!!!!

・1年間ジャニーズ事務所に貢いだ金額を記録する

 純粋に気になるから記録して年末にまとめたい。

・V6、関ジャニ∞のライブに行く

 これはゆずれない!エイトはライブをやるだろうけど(夏もあるかな?)、V6はどうなんだろう。できればどっちも行きたいけどなあ~~~~~そしていろんな人と今年はライブに行きたい!!!!!

 

上記5点がわたしの2016年の目標です!!!!1年間がんばって目標達できるようにがんばる!!!

今年もしょうもない人間とブログをよろしくお願いします。

関ジャニ∞の元気が出るライブ!東京18日19日

関ジャニ∞の元気が出るライブ!東京公演18日19日に行ってきました~!!私的今年初現場!!!楽しかった~~~本当に最高だった!ということで、忘れないようにするためにもレポ(という名の感想)をぽちぽちしていきます!!脳の容量が人並はずれて少ないヲタクが記憶を無理やり呼び起こして書いてるので、正確性を求める方はご期待に添えないと思いますので、見ないほうがよろしいかと。

ネタバレしているのでここからは自己責任でお願いします~~~~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・VTR

マナーとかをお願いVTR。アメコミ風なメンバーが登場!おもしろかった!19日はこれが流れたあとにファンが拍手してて、これはいいライブになる予感がするなと思ってた。

・OP

これは18日19日とも変わらず。メンバーが東京ドーム最寄りの改札口から会場までを歩いてくる。東京は3つ改札口があるから、今回のユニットごとに分かれてドームへ。メンバーもすっごいリラックスしているような印象をうけたな~これ考えた人天才だと思う!自分が通ったところをメンバーが同じように通ったなんて、うれしくない人なんていないと思うもん。(実際自分も、さっきここから来たねなんて話してた)からのステージ裏に画面が変わり、メンバーがステージに向かっているところが生中継(なのかな?)。円陣くんで、ステージに向かう階段をあがったらメンステの扉もひらいてメンバー登場!!!これ考えた人天才だと思う!!(2回目)メンバーの円陣なんてなかなか見れるものじゃないし、ステージに向かってくるところが見れるから、始まる始まる始まる始まったー!!!!!!!みたいな。トータルこのOP考えた人天才。(3回目)

・キングオブ男

1曲目がまさかこの曲とは思わなかった。おぉ。って感じ。でもばっちりフリは踊る。

・へそ曲り

2曲目がまさかこの曲とは思わなかった。おぉ。って感じ。でもばっちりフリは踊る。(テンプレ)この曲でメンステからセンステへ移動。席が両日ともアリーナだったからクソ近い。この時初めて関ジャニ∞も自分と同じ臓器を持っている人間だと知る。

・がむしゃら行進曲

3曲目がまさかこの曲とは思わなかった。おぉ。って感じ。でもばっちりフリは踊る。(テンプレ)ここでようやくシングルメドレーなんだとわかる。

・前向きスクリーム!

4曲目がまさかこの曲とは思わなかった。おぉ。って感じ。でもばっちりフリは踊る。(テンプレ)ライブでこの曲を聞くのは初めてだったので、一緒に踊りながら聞くのが楽しかった!

・モンじゃいビート

センステから花道通ってメンステに戻るエイトさん。3馬鹿と年下組に分かれるんだけど、両方ともクソかわいい。カメラが花道に上がってくるんだけど、カメラワークで遊ぶ三十路があんなにかわいいなんて聞いてない。カメラに映らないところに隠れて、ひょこってでてくる横山さんかわいすぎな。大満足。ありがとうございます。

・あいさつ

村上くんのみ。子ども声でてるか~?お父さんお母さん(略)?男(略)?女性(略)?最後にバカになろうぜ~~~~!!!!!

・ふりむくわけにはいかないぜ

サンボマスターさんから提供していただいた曲。かっこいい。最後に会場のみんなでふりむくわけにはいかないぜ!!!をさけびまくる。この時点で明日の声をあきらめる。

・LIFE~目の前の向こうへ~

ムビステがここで動く。楽器を演奏している後姿なんてなかなか見る機会ないので貴重なものを見た気分。

・言ったじゃないか

ここですばるくんが「もっともっと暴れられるって!」みたいなことを何回か言ってたんだけど、なんで語尾が「って!!」で終わるんだろうと思ってた私。数秒後に錦戸さんが「言ったじゃないか!!!!」と叫んだことにより解決。(ばかやろう)大倉さんがセリフを変えたことは覚えてるけど、何て言ったかは覚えてない。

・Heavenly Psycho

前の記事でライブでヘブンリが聞きたいといっていた私。本当に聞けるとは思ってなかった。村上くんのピアノからの横山さんのトランペットが本当に素敵で、直立不動でバンド演奏している関ジャニ∞の後姿を見てるしかなかった。あんまりここの記憶はない。

・ズッコケ男道

からのズッコケ。感情がついていかない(笑)高低差ありすぎて耳キーンなるわ!!状態。でも全力でソイヤ叫ぶ。

・映像

いったん本番終わって、楽屋でスタンバイ待ち風な映像。もはやクマな大倉さんと、カップ焼きそばは固めな錦戸さん、すぐさまシャワー浴びてきてパンいちにバスローブなすばるくんと、立ち位置間違えてたやろとつっこまれたあとからあげ?食べてる丸山さん。それをひとつひとつ突っ込む安田くん。(ボケが渋滞していて忙しそう)(でもかわいい)その後ろでもくもくとあやとりしてるよこひな~~~~!!!!!!!!!(昇天)ありがとうございます。夫婦が夫婦すぎて愛しすぎてありがとうございますしか言葉がない。そのあと楽屋に女の子たちがあいさつにしくる。途端にバスローブをはだけさせて(実際はだけさせるっていうレベルじゃない)机に脚のっけて、なにかをアピールしてるすばるくん。女の子の一人に「自分スカート短すぎひん?」(ニュアンス)って思わず言ってしまう錦戸さん。楽屋にあいさつしにきれくれたんやからついでにカメラにうつさせてあげたら?という言葉で丸山さんがカメラを持って女の子たちを追いかけると・・・・あいさつに来たのはキャンジャニ∞!!メイクさんの文句を言う丸子と丸子をdisる倉子。(安定)

・CANDY MY LOVE

きたーーーーーーーーーー!!!!キャンジャニちゃん!!!!!!曲も踊りもかわいすぎる!!!!!!!ザ☆女性アイドルの曲って感じで、すば子の絶対的エース感。あっちゃんもびっくり。でもフリが一番女の子らしかったのは倉子かなあ。後ろで手を組むような感じで、ポンポンって自分の背中をたたくフリがあるんだけど(わかるかな?語彙力ほしい)その倉子がかわいすぎて!!!!おんなのこーーーーーーー!!!!!って感じでした。いろんな方が言ってたけどこれのマルチアングルほしいわ~~~

・キャンジャニ∞自己紹介

からの自己紹介。

《18日》

村子「私の八重歯は世界一。あなたのハートをかみかみしちゃうぞ♡」

横子「カップ数はファンタジーカップ。横子です♡」

錦子「チャームポイントはウサ耳だぴょん♡錦子です♡♡」

すば子「あいさつとスカートは短いほうがいい。すば子です」

安子「もちもちおもちが大好きなやす子です♡でも今はダイエット中♡♡」(スカートの両端をもってもちあげるポーズ)

丸子「はんなりしっとりおしとやか。丸子です♡」

倉子「声をかけられれば誰でもついていっちゃいます♡倉子です♡♡」

《19日》

村子・錦子・すば子・安子はだいたい一緒だったかな?

横子「私が色白なのはあなた色に染まるから。横子です♡」

丸子「はんなりセクシー???ガール。丸子だ」???は忘れてしまった・・・18日と19日が逆かも

倉子「悪い男にだまされて借金地獄。倉子です♡」

両日とも倉子が自己紹介したあと、つっこむ村子。かわいい。19日は滑り倒す丸子を永遠にdisりつづける倉子。「ワナワナ」って言って怒りを表現する丸子。かわいい。なんか反撃しろってメンバーに言われて、倉子に「あなた!・・・・・・身長大きいわね!!」って言っちゃう丸子。かわいい。(全てニュアンス)

・バリンタン

キャンジャニ∞の格好のまんま、バリンタン!始まるまでは少クラ必死見てきてがんばって踊ろうと思ってたのに、あんな恰好でバリンタンされたら踊るどころじゃないよね。目に焼き付けるので必死。とにかくかわいい。18日に錦子倉子が二人で踊るときに倉子が錦子にツーンとした態度とってて、錦子がえ?って動揺してたのクソ萌えた。かわいいのかたまり。すば子は隙あらばTバック見せようとしすぎな。

・映像(好きな人)

ここからキャンジャニ∞の好きな人の映像。

丸子→顎クイしてくれる丸山くん(最後以外は死ぬほどイケメン。されたい)

安子→女子力高い安田くんでもオチは歌舞いてる安田くん

錦子→ラブスーパーマン 18日と19日で内容違った。ラブスーパーマン見てるときメンバー笑いすぎ

村子→動物が好きな村上くん。VTRフリの演技が古いとつっこまれる。シャムネコを抱えて、札束くわえてる猫耳村上くん。はい、かわいい。19日はVTR終わりに「ぽっ」。はい、かわいい。

横子→唇が素敵な横山くん。明太子と間違えられちゃうオチ。19日VTR終わりに「ぽっ」(村子のマネ)。夫婦愛しい。

倉子→横子のVTRが終わったらすぐ自分のVTRフリをする倉子。横子「いじりなさいよ!」と言われる倉子。壁ドンが得意な大倉くん。かっこいい。金髪かっこいい。壁ドンだドン。ドーンドン。

すば子→天丼が得意なすばるくん。大倉くんの壁ドンをマネするすばるくん。18日と19日で内容違った。

・夏の恋人

からの夏の恋人!丸山くんが作詞した曲だけど、なんと振り付けも丸山くん。「好きなひとの前では少しかっこ悪くなっちゃう王子様」がコンセプトだったらしい。本当にそのコンセプト通りの振り付け。かわいい。横山さんのセリフが18日は「愛してるよ」19日は「ごめんね」。この時の衣装が本当に好きで、1曲しか来てないのもったいない!今回のライブで一番好きな衣装だった。

・MC

《18日》

夏の恋人のセリフをどう言ったらいいか分からない横山さん。「愛してるよ」は錦戸さんのアドバイス。その流れから丸山くん、安田くん、錦戸さんが「ごめんね」を披露。かわいい。そのあとは今年の仕事の振り返りと、来年の仕事の告知。

《19日》

昨日のMCの流れで、今日は原曲通り「ごめんね」と言ってみた横山さん。振り向きながらの「ごめんね」は錦戸さんのアイデア。自分で考えて、セリフを言ってほしかった丸山くん。ドラマで共演した神木くんに「お亮」と呼ばれている錦戸さん。でも自分は「神木くん」って呼んでる錦戸さん。そっからメンバーに「お亮」と呼ばれまくる。かわいい。そのあとは来年の仕事の告知。

・渇いた花

他のメンバーがはけていき、村上さんとすばるくんの2人でトーク。地元の友達感がすごい伝わるトークだった。すばるくんが話を進めていって、村上くんがそれに丁寧に相槌うって、補足するところはきちんと補足していくスタンス。大御所のお笑い芸人さんのコント見てるみたいだった。テンション高くしゃべってるわけじゃないから聞きやすくてなおかつおもしろい。これぞ松原って感じ。曲も村上くんのピアノが素敵すぎたし、その音に乗っかりながら歌うすばるくんが輝きすぎてた。これ見てるだけで、すばるくんは村上くんに絶対的信頼をおいてるんだろうな~と思った。

・バナナジュース

はい、かっこいい。まさかこれを錦戸さんサックス×横山さんトランペットでするとは思わなかった。スーツに薄いサングラスで、楽器持ってる二人かっこよすぎな。犯罪。何年か前のライブMCでサックスはかじるくらいしかしてないって言ってた錦戸さんなのに、実際演奏してみると本当に上手で、さらっとできてるように見せる錦戸さんずるい~~~ってなった。背中合わせで演奏するところなんてまぶしすぎて立ちくらみがしたし、最後ハイタッチしちゃうよこりょが素敵すぎて、私の中で1回ライブ終わった。ゴールテープ切った。

・my store~可能性を秘めた男たち~

バナナジュースでゴールテープ切ったかと思えば、またすぐスタート。BBAは感情がついていかなくてしんどい。担当色のライドセルにメガネかけて、ハーフパンツにサスペンダースタイル。かわいい。かわいい。C&Rするところもあって、すっごい盛り上がった。曲中に組体操的なことしてるんだけど、その時の大倉くんの太ももがぱつぱつすぎて笑った。でもそんなところも愛しいよ、大倉くん。

・LOVE&KING

かっこよかった~~!!途中でメンバーがKINGのバックダンサーとして出てくるんだけど、だれがだれだか判別できず・・・だれがだれだかわかんないけど、メンバー全員珍しくだぼっとした衣装でクソかっこよかった。でもだれがだれだかはわかんない。名古屋福岡でリベンジしたい!

・映像

スーツ姿のメンバーがお皿にのっているわさび入り人形焼(19日はシュークリーム)を食べる。いわゆるロシアンルーレット。18日は丸山くんがわさび入り人形焼。19日は安田くんがわさび入りシュークリーム。

WASABI

からのふいうちWASABI!!!(言いたいだけ)これだけは絶対にダンスナンバーとして聞きたかった!!!フリはブリュレに似てるような印象をうけたな~今回のツアーでは圧倒的にダンスナンバーが少なかったから、この曲はもうちょっと難しくてメンバーが覚えるの苦労するようなフリがよかったかな~(いろいろな事情があるんだろうけど)

・韻踏ィ二ティ

セリフのところがかっこよすぎたよね~~勝手にバンドでやると思ってたから、お手ふり曲でびっくり。

・ナントカナルサ

ぴょんぴょんはねまっくた!19日はトロッコ通路真横の席で丸山くんが通ってくれた!その日のキャンジャニでいじられてた髭まではっきり見えたよ・・・一緒に「よっ!」ってできた。

・High spirits

もうこの曲、流れた瞬間から会場の歓声やばかった!これと勝手に仕上がれだけはメンバーを見るより、音楽に乗るほうがたのしかった!正直ペンラも邪魔くさくて、なにも持ってない状態で腕あげながら聞くのがたのしかったなあ~~~丸山くんのベースソロも横山さんのトランペットソロもかっこよすぎて、腰くだけるかと思った。すばるくんがトランペットソロの時にずっと横山さんのほう指さしてあおってて、すっごいよかった~昔だったら考えられない光景だよ~~~~努力して、身に着けた武器で戦ってる横山さんかっこよすぎる!!!!!!

・勝手に仕上がれ

会場全部でK!A!って叫ぶの楽しすぎたし、そっからのニーニニニーも一体感半端じゃなくて、この時点で明日の声はあきらめた!!!(2回目)あんなにひとつになれる曲なんて知らないし、会場にこだまするファンのレスポンスの声がすごすぎて鳥肌たった。もう最高!このためにライブきたっていっても過言じゃない!!!!

・あいさつ(すばるくん)

両日とも今できる関ジャニ∞のライブを精一杯やった。今できないことはできなくていいから、できることをすこしずつ積み重ねていけば、いつかできなかったことができるようになっていると思う。みたいなあいさつでした。(すっごい要約)できなくても死にもの狂いで挑戦するかっこよさもあると思うし、う〜んと思ってしまうところ。でもまあ、メンバーがそれでいいと思ったならそれが1番なんだろうし今回のライブでエイトが選んで来た道は間違ってなかったんだと思い知らされたから、この選択も間違ってないんだと思う。そう信じる。

・侍唄

この曲で終わるのは個人的にとっても好み。聞けば聞くほど好きになっていく曲だなあ。あぁ終わっちゃう・・・って思うとメンバーから目が離せなくなって、さみしくなって、恋してるんだなと再確認。やっぱり好き。

・アンコール

18日のTWLの時に「前世×3」「千年×3」「オフコース×3」って歌ってて、しつこいwwwwって笑ってた。19日はすばるくんがご機嫌で気球の中で丸山くんのパーン・テキサース・ボロネーゼを思いっきりやってた。かわいい。

・元気が出るSONG

モニターにメンバー自筆の歌詞が出てきたのが印象的。この曲のサビが大好きで、聞くたびに胸がキューっとなる。アルバム聞いてたときから、この曲が最後なんだろうなと思ってたけど、本当に最後の曲で、この曲を聴きながら終わってもないのにもう1回最初からやってほしいと思ってた。

 

結局だらだらと感想を書き続けたけど、なにがいいたいかというと関ジャニ∞最高!!!!!!ってこと。掛け持ち始めたこともあって、なにもかも新鮮なV6に気持ちがいきがちだったけど、やっぱりわたしの原点は「関ジャニ∞」ってことを思い知らされた。ドラマよりバラエティより、映画よりなによりライブ=生な関ジャニ∞が一番。死ぬほどかっこいい。素敵。ってことでした!!!!!!ありがとうございます!!!!!!!

 

2回書きかけの記事を消してしまって、やけくそでここまで書いた。消えたときのあの絶望感。一気に眠気が襲ってきたわ。

どうしても名古屋の前に更新したかった!間にあった!!!(全然間に合ってない)まだ名古屋24日のネタバレ見てないから、大丈夫。まだ名古屋は終わってない。ということで次は名古屋27日に出没します~~~初名古屋!!!待ってろ名古屋!!!!!!!

ということで6800字でした。

「関ジャニ∞」というかたち

関ジャニ∞が8人だったころの話をしています。気分を害する可能性がある方は見ないでください。







関ジャニ∞ニューシングル「侍唄」を聞いた。実は少しこのCDを聞くのが怖かった。その理由は「Heavenly Psycho」の再録。この曲は2枚目のシングル「大阪レイニーブルース」のカップリング曲として発表されて以来、ファンに長年愛され続けてきた曲だと思う。現に8周年記念イベント、すごはちで関ジャニ∞に歌ってほしい曲ランキング(ファン投票)では2位に入っているし、10周年ライブでの「好きなカップリング曲ランキング」(ファン投票)では1位になっている。

ファンに愛されているこの曲の再録と聞いたときすぐに思ったのは「彼」のことだった。この曲が収録されている「大阪レイニーブルース」は彼が関ジャニ∞のメンバーとして参加した最後のシングルである。もちろん「Heavenly Psycho」にも彼の声は入っている。私が関ジャニ∞を好きになったときにはもう彼はいなかった。だが、その当時は私を含め多くのファンが彼が戻ってくることを願っていた。

そして2007年8月5日47都道府県ライブ東京ドームのアンコールに彼がステージへ上がり、ツアーTシャツを着て8人で最後のあいさつをした。ついに8人の関ジャニ∞に戻るんだと涙を流して喜んだファンも多かったと思う。私はその場にいなかったが、レポを見てとにかく泣くことしかできなかったのを覚えている。その後に発表されたシングル、ライブツアーなどどんな小さなことでも「彼」にまつわるものを探し、関ジャニ∞の中には「彼」は存在すると願い、「いつか」を待ち続けていた。(実際∞祭のパンフレットでメンバーの何人かは当時彼が戻ってくることを願っていたと言っている)

しかし毎週更新されるウェブの最後に書かれる緑色の文字はなくなり、ついに2011年夏に彼が「前に進んでいきたい。新しい夢を応援してください。」(ニュアンスです)と関ジャニ∞に復帰はしないともとれるような宣言をファンにした。そして関ジャニ∞も2012年8周年の記念イベントのパンフレットで彼の話をし、本当に彼が戻ってくることはないのだと思った。意外と私は関ジャニ∞と彼の決断をすんなり受け入れられた。彼らがそう決断したのであれば、それが一番いいのだろうと思った。だからと言って、8人だったころの関ジャニ∞がなくなる訳ではない。これまでと同じように8人のものはそのまま楽しめばいいと思っていた。

だから私にとって「Heavenly Psycho」は8人だったころの関ジャニ∞の歌だった。ライブで歌う7人の「Heavenly Psycho」が嫌いなわけじゃない。でもそれは8人の「Heavenly Psycho」があってこそのものだと思っていたから、再録と聞いたときにどんどん8人だった関ジャニ∞の曲が上書きされてしまうのではないかと怖かった。

 そして昨日「Heavenly Psycho」再録を聞いた。7人の新しい「Heavenly Psycho」は暖かくて力強かった。2005年から大きく成長した関ジャニ∞がつくる全く新しい「Heavenly Psycho」だと思えた。村上さん、横山さんから始まるイントロは思わず涙が出そうだった。私が好きになったころはバンドと言えば横山さん村上さん以外のメンバーだったはずなのに、今ではその2人が先陣を切ってイントロ部分を演奏している。感慨深いものがあった。これは私の勝手な思いなのだが、横山さんがトランペットをするようになってもっとトランペットができる曲が増えたらいいなと思っていた。2011年冬のライブツアーで初めてトランペットを披露したので、それ以前の曲はトランペットを演奏するようにつくられていない。そう考えるとどうしても横山さんのトランペットが聞ける曲はまだまだ少ない。もともと関ジャニ∞のバンドスタイルが好きだったわたしは、横山さんにもいろんな曲でトランペットでバンドに参加してほしいと思っていた。だから横山さんがトランペットを演奏している「Heavenly Psycho」をぜひこのツアーで聞きたい。

 

同じグループを応援していても、いろんな形があるし、思いがある。今回の再録だって「楽しみ」と思う人もいれば、「複雑」と思う人もいるだろうし、私のように「複雑だったけど楽しみ」になった人もいると思う。もちろん逆の方もいると思います。自分自身、それを誰かに押し付けられるほどありがた迷惑な話はないので、そんなことをしようとは思っていません。これはただ私が思ったことです。

 

今回の「Heavenly Psycho」再録でまた関ジャニ∞の目指す先を一緒に見たいと思った。


 「Heavenly Psycho」

いつも夢に 選ばれないまま 陽が昇り 沈んでゆく日々

そこに僕の姿がなくても 世界は簡単にまわった

でもこうして繋いだ手 ひとりじゃないね

胸にHeavenly Psycho 今は未来に向かう道の途中だ

泪にさえも戸惑うことなく 願いを歌う

ありきたりの質問に答えて 許される明日ならいらない

そう言ってはみ出してから 行き着く場所に限界はなくなった

不安だってわかり合って 笑ってたいね

夢にHeavenly Psycho 叫んだ声だけが空に響いた

だから何回もためしてみるんだ 希望の歌

目の前の闇を かき分けて届くまで・・・

震える思いに また登る太陽

胸にHeavenly Psycho 今は未来に向かう道の途中だ

泪にさえも戸惑うことなく 願いを歌う

夢にHeavenly Psycho 叫んだ声だけが空に響いた

だから何回もためしてみるんだ 希望の歌


希望の歌

http://ameblo.jp/sunflower-friends/entry-10449231557.html からお借りしました。