V6兄様の呼び方問題

エイトとV6を掛け持ちすることを決意してから気になっていることが2つ。

1つはV6の兄様たちをなんと呼べばいいのか。2つめはV6の次のツアーはいつあるのか。

両方を一気に書くととてつもない量になってしまうので(そうじゃなくても自分の文章は回りくどいと自覚している)、今日は1つめのV6兄様たちの呼び方問題について書こうと思います。

 

エイトは中学生のころから応援してきたこともあって、いつのまにかメンバーの呼び方は定着してた。まあ今となって振り返ってみれば、はずかしくなるような呼び方をしていた時期もあるけど・・・(横山さんをきみくん、大倉をたっちょん。この呼び方を否定するつもりは全くないが自分が呼ぶとなるとはずかしすぎる・・・・!)

今現在の関ジャニ∞メンバーの呼び方

横山裕:横山さん 村上信五:ひなちゃん 渋谷すばる:すばるくん、すばる

丸山隆平:まるちゃん 安田章大:やすくん 錦戸亮:亮ちゃん 大倉忠義:大倉

いたって普通。普通すぎるくらい普通。

だけど、横山さんが言ってるメンバーの呼び方に近いのかな?ひなちゃんはヒナって呼んでるし、すばるくんはすばるでしょ(私も時々すばるって呼ぶ)、まるちゃんのことはまるちゃんって呼ぶことが多いし(まるって呼んでたりもするけど)、やすくんもまるちゃんと一緒。大倉は完全に大倉としか呼ばないし、大きく違うのは亮ちゃんだけか。そう考えるとおもしろい!無意識に自担の呼び方が一番しっくりくると思っちゃってるってことだよね。

 対して、V6メンバーの呼び方

坂本昌行:坂本くん 長野博:長野くん 井ノ原快彦:井ノ原くん、いのっち

森田剛:森田くん 三宅健:三宅くん 岡田准一:岡田くん

だいたい苗字+くん。よそよそしい。でもなんて呼べばいいのかわからない。V6のことをもっと知っていけば、自然に呼び方も変わっていくのかなと思いつつ当分はこのままだろうな。エイトの法則でいくと岡田くんが言ってるメンバーの呼び方に近づいていくのかな?岡田くんは坂本くん(リーダー)、長野くん、いのっち(井ノ原くん)、剛くん、健くんって呼んでることが多いよね?今とそんなに変わらない(笑) 森田くんと三宅くんを下の名前で呼ぶくらいか。

 改めて考えると自担の呼び方って個性でるなあ。わたしみたいになぜか自担の呼び方に似てくる人もいるだろうし、自担は自分だけの呼び方で呼びたいっていう人もいるだろうし。アカウント名もそうだよね。学生のころはブログとかtwitterのアカウント名を「こすあき」にしてたんだけど、当時横山さんがメンバーからこす山って呼ばれることが多かったから、こすい+自分の名前で「こすあき」(笑)ジャニヲタ文化にも流行りってあると思うんだよね。ちょっと前は相方とか身内とかコンビとか〇〇=△△みたいなのが流行ってて、わたしも一生懸命つくってたけど(笑)いまはあんまり見なくなったよね。(気のせいかもしれないけど)

学生のころはジャニヲタ文化において行かれまいとついていくのに必死でつきあいとか気にしてたけど、いまは全く。仕事もあって、ジャニヲタじゃない友達ももちろんいて、自分の生活がきちんとしていないとジャニーズを応援している意味ないと思うから。わたしにとってジャニーズは「いれば人生が楽しくなるもの」で「いないと生きていけないもの」ではないから。そこをきちんとしておかないと、ジャニーズだけに夢中になってしまって仕事や家庭やいろんなところでいろんなものを勉強できる機会を自分でなくしてしまいそうで怖い。

 

とまあ、今回も長文駄文になってしまった・・・(反省)次はV6の次のツアーはいつあるのかについて書こうと思ってます。ちなみに関ジャニ∞のファンのことはeighterっていうけど、V6ファンのことはなんというのかな。(勉強不足)