#ジャニヲタの彼氏

この方のブログを見ておもしろいと思ったので便乗。#ジャニヲタの手帳といい、#ジャニヲタの彼氏といい、#ジャニヲタの〇〇シリーズおもしろい。これからも全力でのっかるのでどんどんおもしろいシリーズを増やしてほしい。(他力本願)

omijiko1213.hatenablog.com

 

彼氏とはいわゆる職場恋愛。職場の若い人たちと時々ご飯を食べにいっていたのだがそのときに彼氏から「今日映画見に行かない?」(冗談のつもりだったらしい)と言われ、私が「いいですよ~」といってしまったので本当にその日のうちに映画を見に行った。そこから2人でご飯にいくように。縁あって今の彼氏と付き合おうかという話になったとき「実はジャニヲタなんです。」とカミングアウトした。ずっと秘密にしていたが、付き合うとなると隠しておくわけにもいかない。彼氏ができたからといって中学からの趣味を辞められる(=ヲタ卒)とも思ってなかったし。

このテーマでブログを書くにあたって、改めて彼氏に聞いてみた。(突然どうしたん?と聞かれたがまさかブログのネタにするとは言えるはずもなく、聞いてみたくなっただけとごまかした)(彼氏、ごめん)

 

私「うちって関ジャニ好きやん?彼女がジャニヲタっていや?」

彼「全然!」

 

正直驚いた。付き合いたてのころは「俺と関ジャニどっちが好き?」なんてテンプレ通りのことを聞いてきたのにいつのまに!(まさか私がこんなことを聞かれる人生になるとは思ってなかった)

 

彼「最初言われた時はなんで関ジャニ?って思ったけどDVD見たら(私の車でライブDVDをながしていた)普通におもしろいし、自分にも好きなアーティストいるしいいんじゃない?」

私「異性を応援するっていやじゃないの?」

彼「趣味でしょ?恋愛したいとか結婚したいとか思ってるわけじゃないならいいよ」

私「へぇ〜」

彼「優先順位だけきちんとわかってくれてたら、どんな趣味でもいいと思うよ。俺も自分の趣味をやめろって言われたら腹立つし。」

 

わ、わかってくれてる~~~~!!!!ありがたい!!!!!

 

お互いの趣味を尊重する付き合い方ができるようになったのは最近かもしれない。というかわたしの考え方が変わったことが大きいと思う。

お互い一人暮らしで、職場も一緒だったので一緒に過ごせる時間はたくさんあった。「好きなら一緒にいれる時間はいつも一緒にいなきゃいけない」と思っていた。だから彼が趣味をしに出かけることがさみしく感じていた。今思えば私のほうが彼の趣味を尊重していなかった。

だがこの4月から遠距離になり、好きでも一緒にいれない時間が増えた。2ヶ月に1度、少ない時間を一緒に過ごす。離れているときはお互い好きなことをする。一緒にいれる時間は少なくなったはずなのに幸せだった。いくら彼氏・彼女がいたって一人の時間を二人の時間にしなきゃいけないというわけじゃないんだなと思えるようになってから窮屈じゃなくなった。遠距離になる前もこういう風に付き合っていればよかったんだとおもった。

今は彼もわたしの趣味をわかってくれるし、わたしも彼の趣味を理解したいと思っている。お互いの趣味を一緒に楽しめたらそれはとても幸せなことだと思うけど、理解してくれておもいやりをもって、ほっといてくれるならそれはそれで幸せなことじゃないかと思う。

 

私「うちって関ジャニ好きやん?彼女がジャニヲタっていや?」

彼「全然!」

 

エイトだけではなく、V6のファンにもなったといつ言おうか悩んでいる。(そしてこのブログが彼氏にばれませんように)